AIが切り開く製造業の未来
外観検査の革新と”メキキバイト”の可能性

1. AIと製造業の新たな可能性:外観検査

 

製造業は、常に効率化と品質向上を求められる業界です。そのため、最新の技術を取り入れることは、競争力を維持し、市場での地位を確保するために不可欠です。近年、その解決策として注目されているのがAIの活用です。

AIは、製造業の生産ラインに革新をもたらしています。その中でも、特に注目を集めているのが「外観検査AI」です。これは、製品の目視検査を人工知能が自動化する技術で、品質管理の効率化と生産性の向上に貢献しています。

従来、外観検査は時間と人手を要する作業であり、コスト面でも課題がありました。しかし、外観検査AIの導入により、これらの問題が解消され、高精度かつ迅速な検査が可能となりました。

 

2. 外観検査AIの利点とその活用


外観検査AIの導入は、製造業における品質管理と生産性の向上に多大なメリットをもたらします。具体的には、人的ミスの軽減、検査時間の大幅な短縮、そして人件費の削減が挙げられます。

AI技術の進化に伴い、より高精度な外観検査AIの開発が進められています。その導入ステップは、撮像環境の整備、データ収集作業、AIモデルの構築、実装、そして導入後の運用となります。

外観検査AIは、製造業の現場での品質管理や生産性向上に役立つ注目の技術です。導入にあたっては、要件定義、環境整備やAIモデルの構築などの準備を十分に行い、適切な運用を行うことが重要です。

 

3. メキキバイト:製造業の検品工程/品質管理を革新するAIサービス

製造業における品質管理は、製品の欠陥を防ぎ、人件費や時間費用を削減するための重要な課題です。株式会社フツパーでは外観検査AIサービス「メキキバイト」を提供しています。



「メキキバイト」は、製品の色、形状、異物等の不良を自動で検出することができ、品質管理の向上に寄与します。特に、微細な異物の検出に優れており、従来の人手による検査では見逃されていた部分も検出可能です。

さらに、フツパーでは、不良品を自動で排除する設計/実装も行っています。これにより、従来の検査員の方と同等以上の精度を持つ判別と組み合わせることで、検品工程の完全自動化を実現することができます。

また、メキキバイトには独自の品質管理機能も搭載しております。


▼品質管理機能の詳細はコチラ
https://onl.sc/9mAdrK5

 

上記は焼き菓子の製造ラインで2ラインの検品工程を完全自動化した事例です。導入に掛かった参考金額としては、初期費用はおよそ700万円(ハードウェア250万円/AI構築費360万円/排除連携費100万円)であり、翌年以降の運用費は120万円と費用を抑えて導入頂いております。

「メキキバイト」は、製造業における品質管理の向上、省人化、コスト削減に貢献するサービスです。弊社の独自技術により、はやい・やすい・超巧いAIを実現し、ものづくりの更なる進歩に貢献しています。